ライムマイラーのSFCJGC修行ブログ

2015年にJGCを取得しましたがダイヤの関係で2017年SFC修行をすることになったLimeのブログです。

2017年9月・弾丸香港旅行②   ~香港国際空港到着から電車まで~

 ゴゴゴゴーという音とともに起床です。香港到着です。非常に眠いです。ここからがLCCのめんどくさいところです。着陸の後にバス移動が待っています。眠い。

 

 

バスの順番待ちあり

 バスに乗るにも人数がある程度揃ってからでないと出発しません。多くの人に手荷物があり、乗り込むまで時間もかかるので、時間がかかります。バスが続いてこなかったこともあり、5分ほど待って乗車しました。

 バスは横幅特大サイズのバスでした。座る場所はありません。日本人はあまり乗っていないという情報をブログで見かけたのですが、ディズニーグッズを持った日本人が多い印象でした。

f:id:BonusLime:20171010220706j:plain

f:id:BonusLime:20171010220857j:plain

 

入国はeChannelで

 入国審査はそこまで並んでいませんが、5分ほど待つような感じでした。JALでJMBクリスタルを取得してOKA-HKGをした時にeChannel(e道)の登録をすでに済ませていたので、こちらで楽々入国です。写真はここでは撮れません。eChannelの登録の条件は香港に1年間に4回目の入国か、各社のフリクエントリーフライヤー、上級会員を持っていれば申請ができます。営業時間が10:00-18:45なので、早朝深夜便利用の場合は利用することはできません。

http://global-macau.com/download/e-channel.pdf

 

 

入国後の両替は必要最小限で

 この時間の両替は入国ゲートのところの1件のみの営業です。ここでのレートはよくないので、必要最小限の金額のみを変えるようにしましょう。残りのお金はチムサーチョイの重慶マンションの奥の方で変えましょう。

 必要なお金は

 

SIMカード(セブンイレブン購入)  48HKD

香港エクスプレス        110HKD

オクトパスカード        150HKD

朝ごはん            100HKDあれば安心

で、計400HKDあれば大丈夫です。6000円ぐらいですかね。1人1万円も替えれば十分です。あとは重慶マンションで。

 

エクスプレスカードは2人いるとおトク

 今回は嫁との旅行だったので、2人乗りチケットを購入しました。そのほかに、1人でも使えるものとしては1日券などがあります。

f:id:BonusLime:20171010223510j:plain

出発まで時間待ち

 始発が6時なので、かなり待たされました。エアポートエクスプレスへの道はシャッターが閉まっていていくことができないので、券売機周囲の椅子で座って待ちます。SIMカードの設定をしながら待ちます。SIMカードの設定は非常に簡単になっています。カードを入れて希望のプランの番号を押すだけでできます。スピードも十分でした。SIMの記事は別記事にしてご紹介いたします。始発の6時1分の10分前の5時50分ごろにはチケットカウンターが並んで来て、並んだのですが、始発までに買うことができず、一本逃しました。時間がない方は早めに並んで始発に乗ってください。

f:id:BonusLime:20171010223246j:plain

 

電車は早い

 乗ってしまえばあっという間に市内へ到着です。この時間はあまり混んでいません。今回は弾丸なので、大きい荷物はありませんでしたが、荷物専用の置き場もあるので安心です。降りる駅は九龍駅か香港駅になると思います。今回の宿泊先が香港島の方だったので、終点の香港駅まで行きました。所要時間32分。距離は結構あるみたいです。

f:id:BonusLime:20171010222950j:plain

 

次は朝食の様子をご紹介します。

次の記事

 

前の記事

 

www.sfcjgc.com

 まとめ記事に戻る

 

www.sfcjgc.com

 

2017年9月・弾丸香港旅行①  〜羽田空港の過ごし方とHK express搭乗記〜

荷物は駅のロッカーに

 弾丸香港ツアーの始まりは出発日の朝からです。まずは少しだけ家を出る時間を早め、職場近くのJRの駅のコインロッカーに荷物を預けます。今回は何も言わずに完全内緒にして行きました。今は駅のコインロッカーも多数あるので、空いてなくて預けられないなどということもありませんでした。JRのロッカーの場合はインターネットで空き状況がリアルタイムに確認できるサービスもあります。コインロッカーナビというものです。これは東京駅のロッカーの状況が確認できるURLの例です。

https://www.coinlocker-navi.com/areamap/jreast-tokyostation/

 

 荷物は預け入れ手荷物があると追加料金がかかってしまうので、小さいキャリーを使っています。サムソナイトのコスモライトスピナー55です。楽天で格安で購入したものを使用しています。ファスナーの取っ手の部分が一本折れてしまっているのですが、並行輸入品だあったため、故障しても修理が受けられずにいます。鍵もかけられない状態なので、預け入れするわけにはいきません。大きなスーツケースを購入される方はご注意ください。

f:id:BonusLime:20171008205702j:plain

JGCタグはここにつけてますが、今日はLCC。

 

チェックイン前に空港で夕食を

 

 今回の旅行はLCC利用のため、JALラウンジを利用することはできません。なので、夕食・シャワーはお預けです。今回は出国ゲートをくぐる前に食事を取ろうということになりました。羽田空港国際線ターミナルに到着したのが21時半ごろだったので、必要なものの買い物をしたあとすぐに江戸小路へ向かいました。すると、つるとんたんとラーメン屋は行列!並んでいたらチェックインに間に合わなくなる恐れがある気がしたので、断念。比較的空いていた和食屋さん、百膳に入ることにしました。

日本の旬の味 百膳【公式】カトープレジャーグループ

 

 入店直後に暖簾をしまっていてラストオーダーギリギリに入店することが出来ました。ラストオーダーは22時なので要注意です。22時半以降はさらに閉店するお店がたくさんあるので、深夜の出国前に利用する方は早めに夕食をとったほうがいいかもしれません。

 いただいたのはかき揚げ丼と小鉢のセット1800円ほどでした。値段の割には普通です。

f:id:BonusLime:20171008205806j:plain

 

 今考えてみると、出国エリアの方のレストランの方が色々な選択肢があったように思います。次回はゲート通過後にいただこうと思います。

 

 

搭乗口は激混み。LCCこそ並んででも早めに搭乗すべし

 

 ゲート通過後は免税店を軽く見た後、別にすることもないので搭乗ゲートに行って待っていました。水は近くの売店で売っています。香港エクスプレスは飲食物の持ち込みは(ry

深夜便で購入することはなかなかできないと思いますし、念のためです。

 ゲート周囲は激混みでした。優先搭乗もないから最後に乗ればいいやーぐらいの感覚でくつろいでいたのですが、それは大間違いでした。搭乗後に荷物を置く上の棚がいっぱいになっていて、かろじてスーツケースは入ったのですが、リュックは入りませんでした。

 LCCこそ並んででも先に搭乗しましょう。

f:id:BonusLime:20171008205901j:plain

激混みです。

f:id:BonusLime:20171008205951j:plain

小籠号でした。帰り便はなぜか雅号なしでしたが。

 

座席は意外と広い

 ようやく搭乗です。小型機なので通路が1列しかないので、大渋滞を起こしていました。荷物も早く入れろぐらいのプレッシャーを周りの乗客、CAから受けます。CAは美人ですが、JALのような親切さや、キャセイのようなフレンドリーさは皆無で、LCCばりの対応という感じでした。入らなかったリュックも入れてもらえず、早く席に座れと言われる始末でした。これぞ、LCC。

  グループで旅行する場合は、座席指定は少しコストがかかっても行った方が良いでしょう。隣に座っていた女子大生グループは、3人で縦に1列C列に並んでいました。

 座席は想像以上に広かったです。ゆったりと座ったときでも拳一個以上のスペースがあります。リクライニングはJALほどはできませんが、全く動かない席にしない限り4時間ぐらいは我慢できます。

 残念なことに動くタイプのヘッドレストではないので、首は辛いです。事前情報調査不足で知らなかったため、首枕もなく首を振りながら就寝しました。

f:id:BonusLime:20171008210108j:plain

 

機内食は不明

 途中で一回起きた時に食事の匂いがしていたので、どうやら食事を頼んでいる方もちらほらいるのだと思います。この時間の食事はなかなかきついです。ただでさえフライト時間が長くないので、睡眠優先でした。

 

まとめ

 LCCの深夜便、仕事終わりにそのまま搭乗するならアリです。奴隷船と言われていたキャセイドラゴンの深夜便は2017年の秋冬ダイヤからなくなってしまったので、このような利用方法を取る場合は香港エクスプレスが選択肢になってくると思われます。キャセイドラゴンKA397便は、羽田1:55発、香港5:35着ですが、2017年10月29日から2018年2月28日まで運休、2018年3月1日からは同便KA397は羽田6時25分発/香港10時40分着に変更になるので、仕事後すぐに乗って寝るという使用方法はできないみたいです。

 冬ダイヤの場合は香港エクスプレスか、ANA便ですね。

 

次の記事

 

www.sfcjgc.com

 

まとめ記事に戻る

 

www.sfcjgc.com

 

スポンサードリンク